「風立ちぬ」 風の精霊に乗って。

2013-08-24:Sat ◇ 映画

[風立ちぬ] ブログ村キーワード

先日、映画『風立ちぬ』を観ました。
宮崎駿アニメはもれなく観ている mobic 、待望の作品です
宮崎駿監督が「(自作の中で)初めて泣いた。」とおっしゃっていたので
“泣くんだろうなぁ” と期待しながら観ていたのですが、
アっと言う間に最後の場面、そこでボロボロ泣きましたが・・
   
鑑賞した人の感想も、つまらない⇔絶賛、と両極端のようです。
      ↓
賛否両論、タバコシーンから「風立ちぬ」を考察する
http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20130802/E1375377673396.html
NPO法人日本禁煙学会がタバコのシーンに対して抗議をして来たとのこと。

そういうことに捉われるって、観るとこ違うでしょ??
主人公の男性は物静かな研究者タイプで小説「風立ちぬ」作者の堀辰雄氏に重ねてあるから
昭和の純文学小説家のイメージを、忠実に再現している、それは時代背景描写の為に必要よね~
(あ、mobic は昭和初期に生きていたわけじゃないですよぉ、念のため

風立ちぬ

飛行機雲


ただ、mobic もストーリーに関しては、これまでの作品と比べてわかりにくいと思いました。
でも、後で考えた
この映画のタイトルは『風立ちぬ』 そう、なんだって
は目に見えないのよぉ~
     ↓
風の精霊
でもほら、こんなふうに突然、風が立つ、誰にでも経験があると思うのよ

それはね、風の精霊さんが巻き起こしているの。
mobic は先月7月27日(土)に「つむじ風の精霊エレウシス」(㈱シリウスさん主催)に参加させていただきました。
現在、㈱シリウスでは精霊シリ~ズが毎月開催されていますよ

そしたらその翌日(というか未明)山口・島根豪雨が発生
山口の河川の水位は最初77㎝だったのが、たった3時間で約6m、どんだけ水かさ増えたか・・
     ↓
7月28日発生の豪雨災害に関する報告
http://www.city.yamaguchi.lg.jp/cms-sypher/www/info/detail.jsp?id=9331
最近のゲリラ豪雨には恐ろしいほどの突風が伴います。
“つむじ風の精霊さん”の封印されていた力が解き放たれたんでしょうね・・

飛行機も風に乗るのよ、風を捕まえないと飛行機さんは上手く飛べない
零戦は風を捕まえたのね
皆さんも飛行機に乗った時、もしかしたら、精霊さんと一緒に飛んでいることを実感できるかも。

もしも、これから映画を見に行く方がおられたら、目に見えない“風の精霊さん”が傍に居ることを想像して
観てみたら、臨場感あると思います!

目に見えない世界で起こることが少し遅れて現実になる。
この法則をずっと書き続けて来ました。
以前、2011年1月の「火祭エレウシス」の記事もそうです。
     ↓
火祭エレウシス

自然は癒しであり、そして脅威であります。

もしも、詳しく知りたい方がおられたら、秘コメント、またはメールフォームでご質問ください。
(メールフォームで携帯からのメールは、迷惑メール設定をされている方は返信が届きませんので、設定を解除してからお願いします)
     ↓
お問い合わせ・質問をどうぞ♪

☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

風立ちぬ 宮崎駿 精霊 タバコ 風の精霊 豪雨 シリウス / CM : 18 / TB : 0

「悪魔」は神様のもう1つの顔

2012-08-29:Wed ◇ 映画

[悪魔] ブログ村キーワード


俳優の高倉健さん(81歳)が富山刑務所を表敬訪問しました。
富山刑務所は映画の最初のロケ地となった場所だそうです。
2012082721082772mv.jpg
映画「あなたへ」
0744.jpg


健さん、受刑者泣かせ自分も泣いた 富山刑務所訪れ激励…映画「あなたへ」撮影現場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000040-sph-ent

“表敬訪問”とは相手に敬意を表すために出向くという意味ですよね。
「自分はたぶん、日本の俳優では一番多く皆さんのようなユニホームを着た俳優だと思っています」と受刑者の目線で語る健さんの話に受刑者も涙を流したとのこと。

刑務所に居る人すなわち受刑者たち。
それだけで彼らは「悪人」というレッテルを貼られ、シャバ(社会)に出ても
やはりそうゆう目で見られがちなのではないかと思います。

同じ刑務所に居ても、健さんの言葉に何も感じない人もいれば、涙を流す人も居る。
「悪人」とはその人の心(ハート)が“悪霊”であるかどうかであって
刑務所に居るという事実ではないということだと思うのです。

神様(精霊さん)だっていつも慈愛に満ちているわけではありません。
自然(霊)は美しい風景で人を感動させてくれますが、
一方では荒れ狂う魔力で天災を引き起こすこともあるわけです。

悪魔」は、神のもう一つの顔です。
神が創造を司る存在であるとすれば、悪魔は破壊を司る存在。
心悪しき者を葬り去るためには、必ず悪魔の破壊力が必須となります。


ということで、㈱シリウスには幸運系と悪魔系の2つの聖品があります。

たとえばイジメを解決しようとするならば迷わず『悪魔聖品』をお持ちください!
大津のイジメ問題やこれまでの数々のイジメ問題を見ても、学校も教育委員会もPTAもそして警察もイジメを解決してはくれませんでした。
それぞれが自己の保身という立場からイジメを論じているのですから解決どころか、
そこには“正義”など存在しないということです。

もしもイジメられている友達の為に悪いヤツをやっつけたいという正義がアナタにあるのなら
『悪魔聖品』は喜んで活躍してくれることでしょう♪

カタログ請求はコチラからお願いします
    ↓
あなたの運命を変える!魔法のパンフレット!
わからない点はmobicまでお気軽にお尋ねください♪



☆クリックしていただくと励みになります☆

高倉健 刑務所 悪魔 シリウス / CM : 13 / TB : 0

TIME それぞれに残された時間

2012-06-01:Fri ◇ 映画

[TIME/タイム] ブログ村キーワード


今年の2月に公開された 映画「TIME/タイム」。
近未来、お金が時間に換算され、お金持ちは不老不死と長寿を手に入れ、貧しい者は迫り来る寿命のタイムリミットと戦いながら働き続けねばならないというアクション・サスペンス。
それぞれの腕には刻まれた余命の数字がみるみる減って行く!

『お金=寿命の時間』という設定にチョット無理があったようで、消化不良の内容となったようですが、とても興味深い話ではあります。
*予告動画(2分27秒)は意味深です*





宇宙は最初に“時間(神)”が生まれ、次に“空間(神)”が生まれたところが原点となっています。

下の図を見てください。

私たちの生命は、“時間軸”と“空間軸”の交点によってその存在位置が決まります。
交点がどこにあるかによって、個々の存在の個性や意味合いが多種多様に決まるとも言えます。
pg130625_img1.gif

たとえ今どんなに若くて元気な人であっても、時間が消滅したら、その人はこの世界に存在することができなくなる訳です!
そして肉体は突然或いは徐々に、『死』を迎えるのです。
先日、北島選手のライバルであるオリンピックメダリストが突然死しました。
他にも鍛えぬいたサッカーなどのスポーツ選手にも同様なことがありました。

ということは、とても体を鍛え健康を気づかっていても、その人の“生きる時間” は時間(神)によって
それぞれに定められているということになります。
それが“時間(TIME)”の性質なのです。

現在は喩えれば、時間の密度が格段に 濃い 時ですっ
そして、上記のアスリートような個人の寿命(定められた時間)とは別に
世界が地球が1つの時代の寿命(定められた期間)を終えて行くという時点にさしかかっています!

次の時代の門をくぐれるのはどんな人なのでしょう?
それは少なくとも、「オレが! 私が!」という自己中心的エゴ人種ではなく
正直で素直な心の綺麗な人であることに間違いないでしょう。



☆クリックしていただくと励みになります☆

シリウス 運命 時間 空間 TIME / CM : 11 / TB : 0

宇宙戦艦ヤマトを観て

2011-01-05:Wed ◇ 映画

[宇宙戦艦ヤマト] ブログ村キーワード



「宇宙戦艦ヤマト 実写版」を観て来ました~
       ↓



主題歌は知ってるけどストーリーは知らなかった私。
今回初めて内容を知りました。
SFスプクタクルの映像に酔いしれていましたが、けっこう哲学的なセリフも盛り込まれていました

印象に残ったのは、
“私たちは個であり、そして全体でもある αでありωである”

そして、クライマックスの驚愕のセリフ
“私たちは同じ惑星の表と裏を現す者”

一方は、破壊と侵略の存在、一方は平和と癒しの存在。
まさか同じところから出ていたとは


マヤ暦やさまざまな預言に示される “2012年” 以降、
生き残る 超・人類=神人 は 前述の表と裏、個と全体、ミクロとマクロetcを
別々に乖離ではなく、融合させた存在と表現することができるでしょう
誰の中にもある善人の顔と悪人の顔。
分離させたところから、現代社会の悲劇が始まったと言っても過言ではないでしょう。
合体!


宇宙戦艦ヤマトの最大の関心は、
二大武器とも言える 『波動砲』 と『ワープ』
そもそも、音や光などの粒子は波形として伝わり
『波動』とは、目に見えないさまざまなものを私たちが感受する様だと思います

幽霊を見たとかオーラが見えるとか、騒ぎ立てることはなく、
目には見えないけど、存在しているエネルギーの集合体であるだけのこと。



このブログで毎度繰り返しております以下のくだり。
宇宙(世界)は時間エネルギーと空間エネルギーの縦糸と横糸が織り成す世界。
その空間を一瞬で飛び越えるのが 『ワープ』 なら、理論上は不思議ではありません。


1945年4月、日本海軍の 戦艦ヤマトが絶望的な戦況の中、
日本の未来を乗せて出航したように
宇宙戦艦ヤマトは放射能に汚染された地球の未来と希望の象徴なのでしょう


☆応援3つ^^、クリックしてね☆


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

あなたの分身は大丈夫?

2010-03-16:Tue ◇ 映画

[アバター] ブログ村キーワード


「アバター」続編を検討、日本の漫画の3D映画化も=制作陣
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100316-00000626-reu-ent

“世界には自分にそっくりな人物が3人いる” 
な~んて聞いたことがありますが

“アバター=分身”とはまさに自分とそっくりってことですよね。
パソコンでもアニメアバターをプロフィールに登場させたり、着せ替えしたり
願望を映すことでちょっと満足感があるといいます

私はそこまで分身に感情移入はないのですが、映画 『アバター』 は観に行きましたよぉ
3Dメガネはかけずに観て、後で“アレ??”って
でも十分臨場感があって面白かったですね。

この映画で主人公のアバター=分身は別の世界で生きているわけなんですが、

分身は実際いるようです。
存在が大きい人物ほど多くの分身が世界に輩出しているといいます。

実感はないでしょうが、人は「体」と「霊」の二重構造をしています
なので、1つの霊(存在)からいくつかの肉体が生まれてくることもあるということです。
そして、死ぬと肉体は朽ちますが霊体に戻り、また生まれて来る、輪廻転生があるわけです


世界のどこかで自分の分身が同時に生きている

紛争地域で武器を片手に戦っているかもしれないし
アフリカで飢餓の中にいるかもしれないし
金融業で億単位のお金を毎日動かしているかもしれないし
王族として生まれているかもしれないし

いろいろ考えると複雑な気持ちになりますよね

ただ、自分がどんなにキチンと生きていても、分身が悪さをしていたら
がんばってもがんばっても手から水がこぼれるように成果が結実しないことになってしまうのです


そういうことで、私は2008年の大晦日~2009年の元旦にかけて
自分の本体と分身両方を浄化の秘儀を受儀したことを、この映画を観て思い出したのでした
(タグが期限切れでもう表示されないのが残念です。
間に見えない世界の事象が先に来て、その後、現実界にブームなどになって現れますから
その時は、「本体」とか「分身」とか頻繁に出て来た言葉たっだんですが・・・
私が地極産業さんから教えてもらっている情報は、先の先を行ってるということデス

(この不思議子ちゃん、何言ってるの? って感じだと思いますが、ホントにそういうことがあったんデス

分身も私といっしょに参加したので、きっと今は悪さをしたりする分身はいないと思います

いつかは自分の分身に会ってみたいですね


☆応援3つ^^、クリックしてね☆


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

プロフィール

mobic(モービック)

Author:mobic(モービック)
寝てる時、食べてる時が一番幸せな、コアラ的人間です。
病気、健康、体や心の悩み,エコや社会問題などなど、感じたことを書き綴っていきたいと思います。
多くの方々と意見を交流し、お話できれば嬉しいです。

置き手紙

おきてがみ

ようこそ♪

ブログを分析 ポチっと♪

blogramで人気ブログを分析

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード