スポンサーサイト

--------:-- ◇ スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAG : -

Satomiさんの手作り石鹸♪

2012-10-25:Thu ◇ エコ・食・環境

[手作り石鹸] ブログ村キーワード


以前、お肌トラブルについて書いた記事で
     ↓
乾燥肌のかゆみからの開放

ブログ友達のSatomiさんの“手作り石鹸”についてご紹介しました。
今まで市販の石鹸を使っていたのがなくなったので、さっそくSatomiさんの石鹸を購入させていただきました。
     ↓
mobic はこの夏の日焼けで皮膚が赤くシミになってしまったのが気になり、
<美白ハーブソープ>
DCIM0377.jpg
<アンチエイジング ハーブソープ>
DCIM0378.jpg
の2つを購入しました~


皮膚の炎症・赤みはけっこう長く、1ヶ月ぐらい続いたのですが、今はすっかり落ち着きまして、
石鹸もすっかり馴染んで来た感じです^^
懐かしいお母さんの匂い(?)がします。
洗顔だけでなく、シャンプーや全身に使ってOKです。


今は洗浄力が強くて泡立ちの良いボディソープやシャンプーが主流なので、泡がたくさん立たないとなんだか物足りなかったりしますが、ちゃんと汚れは落ちていますし、無理に角質を剥がしすぎないというのも大切かと思います。

お子さんなども、アトピーなどで掻きむしって皮膚科のステロイド軟膏、さらには抗アレルギー薬服用が欠かせないという話をよく耳にしますが・・
お肌本来の働きを壊さないような石鹸やボディシャンプーを使うことで、随分違うのではないかと思います^^


Satomiさんのホームページはコチラ
      ↓
 Satomi’s Herb Soap

Satomiさんのブログはコチラ
      ↓
手作り石鹸と天使のメッセージ&ヒーリング


☆クリックしていただくと励みになります☆

関連記事
スポンサーサイト
手作り石鹸 ハーブ アトピー / CM : 14 / TB : 0

魔法のips細胞は人類を不老不死へ誘うのか?

2012-10-20:Sat ◇ 健康・医療

[iPS細胞] ブログ村キーワード


山中伸弥教授が50歳という若さで受賞したノーベル生理学医学賞。
山中教授

この日を待っていました!
私は山中伸弥教授の大ファンです。
研究内容も驚くべき内容ながら、人物というかお人柄に惚れちまってマス
昨年2011年に取れるという評価が大きかったものの、別の方が受賞され落胆したこともあり、まるで自分のことのようにワクワク胸が高鳴りますっ


ips細胞の研究は今が“旬”です、 mobic の薬局にもFAXや雑誌で情報が入って来ます。
「○○大学で初の~」「○○研究所で~」といった細かな研究成果が毎日のように・・
たとえば、文部科学省の運営するips関連のホームページをとってみても、
  ↓
ips Trend
ここ半月の間に理化学研究所、慶応大学、順天堂大学、韓国の研究チームなどが研究の成果を続々と世に発表して来ています。
われもわれもと一刻1秒を争う研究成果の争奪戦が繰り広げられています。
虚偽の研究成果を公言したと話題にのぼった 森口尚史氏 もその一人ということなのでしょうか。

およそ100年前にキュリー夫妻とベクレルが放射線を発見したことでノーベル物理学賞を受賞した途端、争うように核実験を重ねた各国。
そしてわずか50年後には原子爆弾が広島・長崎に落とされるという恐ろしい結果に!
神域に触れる画期的な研究には、悪用を抑制する為の手段として 『特許』 が必要だったのでしょうか!?


今回、山中伸弥教授らの作ったips細胞は国際特許を認可されたと発表。
その前には、外資系バイエル薬品の方が京大山中チームよりも先にips細胞の作成に成功したとかいないとか、特許はバイエル薬品の方? などと言われたこともありましたが、バイエル薬品の研究所は今は閉鎖されているのでトラブルにならずにすんで良かったです。

とにかく、神の域に触れる研究成果や発見は、現時点では信頼のおける人物や団体に『特許』という形で守ってもらうしかないと思っています。(本来は国家が管理するべきなのでしょうが今の国は信頼がおけません)。
世界中の難病患者や人類の為に研究成果を応用するという強い意志をお持ちの 山中伸弥教授になら、それを預けることができそうです。


1つの細胞の分化、mobic も学生時代にワクワクしながら勉強した分野です。

大元になる幹細胞は、皮膚・骨・心臓・脳などとそれぞれの専門の働きをする細胞へ分かれて行きます(=分化)が、すでに分化してしまった細胞を元の細胞へ戻すことは困難と考えられて来ました。
山中伸弥教授らのチームがそれを可能にしたということは、将来的には医療だけに限定されず、老化を遅らせたりすることも理論的には可能なわけで・・

feature-02.jpg

人類の夢、不老長生、不老不死へ人類は1歩を踏み出したということになるのでしょうか?


ただ、mobic 的には㈱シリウスさんの「神文学」という哲学の理論でそれを勉強していたし、
そのエネルギーを注入した 核石や 美容系の聖品 を購入しているので、スゴク驚くというわけではないのです。

「神文学」では未来→現在→過去 と未来から来る“時間エネルギー”を駆使しています。
      ↓
「聖品はなぜ効くか、なぜ効かない場合があるのか」 伯壬旭師

ips細胞も時間で言えば、現在→過去の状態へ戻すということですが、細胞は時間だけで形成されるというのは条件不足、時間と空間が交わって初めて現出するものではないか、とmobic は思うので、憶測では何も言えません・・

ともあれ、ips細胞の研究は人類にとって“魔法”のようなニュースであることは間違いありません。

シリウスさんの魔法をもっと知りたい方はコチラからパンフレットを取り寄せてください。
        ↓
あなたの運命を変える!魔法のパンフレット!


☆クリックしていただくと励みになります☆

関連記事
山中伸弥 ノーベル賞 ips細胞 シリウス 核石 / CM : 8 / TB : 0

がんばれ『ちょるる』! ゆるキャラグランプリ2012

2012-10-13:Sat ◇ 癒し

[ゆるキャラグランプリ] ブログ村キーワード


ただいま開催中の 『ゆるキャラグランプリ2012』
山口県PR本部長の“ちょるる”が現時点で2位と大健闘~
            ↓
304_kabe_pc_1024.jpg
ひいき目というわけじゃなくて、“ちょるる”カワイイそのものっ でしょう?
頭のとんがりカーブが『山』を、お顔の白い部分が『口』という文字になっていて『山口県』を表現しています。
名前は“~やっちょる”“見ちょる”など、語尾につく長州(山口)弁の方言からとっているんです^^
明治維新の時代劇などで、高杉晋作や吉田松陰先生がしゃべっている方言なので、聞き覚えがあるかも


去年は熊本のくまもんがグランプリ受賞
        ↓
kumamonn.png


それに続いたのが今治のバリィさん
            ↓
.バリィさんpng

今年はバリィさんをちょるるが追う形で激走中~

1日1票まで投票可能なので、よろしければ、「1日1ちょるる」 ヨロシクお願いします
メールアドレスとパスワードを登録すれば投票できます
         ↓
ゆるキャラグランプリ2012

「秘密のケンミンSHOW」も各県の習慣やイベントを紹介するという内容で5年も続くご長寿番組ですし、
B級グルメなるものが熱い火花をちらしていたり、
それだけ、みんなの郷土への関心や大好き度が強いという証拠なのでしょうね。

人は愛する家族を大切に守るという最小の単位から始まって→
友達や地区や自治会や学校のために熱くなり
大きくなれば仲間や会社や地域社会のための行為があって
市町村や県などの郷土愛ゆるキャラでは郷土Love!)まではみんな素直に力を入れるのに、
その上の『国』となると、突然に現代人はほとんど無関心になる

私にしてみれば、それが不自然だしおかしいと思える
国政に失望しているのかもしれないし、戦中に繰り返された『愛国心』という言葉に偏見を持って遠ざけているのかもしれないけど。

ご当地ゆるキャラを好きになるように、日本の国も好きになればいいんじゃないかしら?
決して好き過ぎてヤバイってことは無いはずだ


己れ一個の利益しか考えないちっちゃい人よりも、公的・社会的な意識を持って実践している人の方が天は味方し運命は回る、という当たり前の法則があるのだから。
ノーベル章を受賞した山中教授の発言を聞けば、それがよくわかります。
教授はips細胞を臨床応用した日本の薬や医療が世界の難病患者の治療に役立つことを望んでおられます!

怒り、個人へ向ければ残るのは恨みだけど、地域や国に向かえば改善や改革の原動力になるよ


☆クリックしていただくと励みになります☆

関連記事
ちょるる ゆるキャラ 郷土愛 運命 / CM : 19 / TB : 0

小さな発見 小さな幸せ

2012-10-08:Mon ◇ 癒し

[連休] ブログ村キーワード

秋晴れに恵まれた体育の日の連休
行楽地に出かけたり、運動会だったり、ブロ友さんはイベントで大忙し
どこへも行けない mobic は“いいなあ~”と思いつつみなさんのブログを訪問しているのでした。

そんな中にも小さな幸せ
まずは、前回の “天井裏の住人” がめでたく家を出て行きました~
それは、なんと、クロネコでした。
*イメージ画像をお借りしました*
猫親子


「さっき、親猫が子猫をくわえて出て行ったぞ
母と私「ネコじゃったんかね!」
 「そうらしいのぅ、意外に天井裏は涼しかったんかもしれん

8月の終わり、廊下にうずくまっていた手のひらサイズの小動物は生まれたての子猫だった模様。
きっと1匹ずつ親が天井裏へ運んだのでしょう。
そして、着々と大きくなり、この連休にめでたくお引越しとあいなりました

コメントをくださったみなさん、どうもありがとうございました


もう1つの嬉しい発見はコチラ
    ↓
DCIM0370.jpg
    ↓
DCIM0372.jpg


酔芙蓉という花です。

朝のうちは純白、午後には淡い紅色、夕方から夜にかけては紅色になります。酒を飲むと顔色がだんだんと赤みを帯びるのに似ていることからこの名がついたといわれています

写真もほぼ同じ花を昼間と夕方に撮ったものですが、日中は白が多く夕方には紅い花が主になっています。
紅白でおめでたいですが、不思議な花ですよね



☆クリックしていただくと励みになります☆

関連記事
酔芙蓉 クロネコ 子猫 / CM : 21 / TB : 0

天井裏 謎の住人

2012-10-04:Thu ◇ 癒し

[天井裏] ブログ村キーワード

みなさんの家の天井裏には何かが住んでいませんか?

うちはまだ猛暑の8月から謎の住人が住みついています。
でも、ネズミのようにダダダダっと走り回ることはなく、カサカサという音や2本足でトンっとジャンプしたりします。
しかも、10月になる今日まで一度も鳴き声を聞いたことがありません。

父によると、朝トイレに行こうと思ったら廊下にチョコンとうずくまっていたと言うのです。
*イメージ画をお借りしました。 こんな感じ?*
チョコン
しかし、廊下に居たものがどうやって天井裏へ入ったのか??
穴もないし全くわかりません。

「きっと鳥さんだよ、出してあげないと暑さと湿気でしんじゃうよ
「じゃあマスクと懐中電灯を持って入るか!」
主人もやる気満々だったのですが、2階の天井裏へ入るのは1階の部屋の押入れから登らないといけないようで断念。
カサカサの音が消えたので「可哀相だけど死んじゃったんだね。」と言っていたのですが、
9月になると今度は仏壇の方からまたあの音が!
生きていた

ネットで調べてみると、“ムササビ”だったり“イタチ”だったり“アライグマ”や“はくびしん”が住んでいたという話も
“イタチ”は過去にごきぶりホイホイが背中にくっついて、ふすまはブチ抜くは、上から下へ走り回るは、大暴れしてるので、そんなに大きくて暴れん坊じゃあないようです
それより大きい“アライグマ”や“はくびしん”などもってのほかです

「二本足ぽいから小人アリエッティかもよ?」
「アリエない・・・」
poster_us01.jpg

宮崎駿監督の『借りぐらしのアリエッティ』。映画館へ観に行きました~
人間にみつかったらその棲家を出なければならない小人の家族の物語です。
だから、声も潜め気配も消して人間のおうちを借りて生活しているのです。
イギリスの児童文学『床下の小人たち』をアニメ化した作品です。
     ↓
519S35PSM3L.jpg

こんな可愛い家族が同居していると思ったらわくわくしますね


☆クリックしていただくと励みになります☆

関連記事
天井裏 アリエッティ 小人 / CM : 14 / TB : 0

プロフィール

mobic(モービック)

Author:mobic(モービック)
寝てる時、食べてる時が一番幸せな、コアラ的人間です。
病気、健康、体や心の悩み,エコや社会問題などなど、感じたことを書き綴っていきたいと思います。
多くの方々と意見を交流し、お話できれば嬉しいです。

置き手紙

おきてがみ

ようこそ♪

ブログを分析 ポチっと♪

blogramで人気ブログを分析

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。