人はなぜ山に登るのか?

2014-04-25:Fri ◇ 自然

[登山] ブログ村キーワード
[イモトアヤコ] ブログ村キーワード


イモトのエベレスト日テレは「大丈夫」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140423-00000037-nksports-ent
 お笑いタレントのイモト アヤコ(28)が、世界最高峰エベレスト(8848メートル)登頂へ向けて現地で順調に準備を進めている。 

イモトは日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」のイッテQ登山部で、これまで世界の名だたる山への登頂を成功させて来た。
アフリカ最高峰の“キリマンジャロ”や南米のアコンカグア、ヨーロッパのモンブラン、スイスのマッターホルン
そして、精霊の山“マナスル(8163m)”。
    ↓

o0626059112693734378.jpg


最初は全然ダメダメな感じだった石崎D(ディレクター)も今は登山の極意(?)を得たと言って、今回一緒に登頂を目指す。
    ↓
o0480032012745734916.jpg

こうなると、イッテQはもう『冒険バラエティ』ではなく真剣に『冒険』だと思うのだが・・・
    ↓
itte131110.png

とにかく、無事の登山を心より願う!


・・・と、人ごとだった山登りだが、ここに来て mobic も山登りをするようなハメ(?)に!
3年4年来のブログ友達ニコさん→ブログは「山で乗ってこそマウンテンバイク」が mobic の町で
山の店』をオープンされて、たまたま偶然オープン祝いに訪れたら、なんだかそんなことに。
    ↓
山の店 右田
http://yamanomise.blog.fc2.com/

右田ヶ岳は山口県防府市にある低い山だが、地層の古い中国山地独特のゴツゴツした岩肌など、登山の醍醐味の要素を全て兼ね備えていて、気軽に登れる山として、地元はおろか、県外からも愛好家が多数登山をしている山である。
何百回(最高は万回を越える方も)と登っている方が多数おられるにも関わらず、地元の mobic は「険しそう~」という理由から登山にチャレンジしたことがなかった・・
    ↓
*写真はクリックで拡大します*
pa1700481.jpg

なぜなら、こんな岩を登らねばならないのだ。
    ↓
img_2.jpg
豪雨で転がって来た右田ヶ岳の岩、下で見るとこんなに大きい。
    ↓
DCIM1145.jpg

ちょっと躊躇するよね~
ところが、ニコさんの『山の店』(カフェになってる)で“右田ヶ岳コーヒー”を飲んでいると
DCIM1134.jpg
右田ヶ岳に魅せられて、麓の土地から山の一部まで買ってしまったというこの土地のオーナーさん御夫婦がお店に来られ、一緒にコーヒーを飲むことに!

オーナーさん曰く、
「君、右田ヶ岳に登ったことある?」
「いいえ、ないんですよ。」
「そりゃあいけんっ←(良くないという意味)、今から登りさん」
「え・・・
「○○病院の院長も市長も足しげく登って健康になっちょるし、癌患者が治ったって事実もあるんよ」
「スゴイですね~」
「ほんと、今度でもいいから登ってみぃさん、ええよ~

というお話でした。

そう言えば、市長さんも健康的に日焼けされてたけど、4年前に1000回目の登頂を果たされていましたっ
そういう事だったんですね!
それで、5月にでも登山してみることにします。


“人はなぜ山に登るのか?”

やはり、自然に触れて感動するからなんでしょうか♪゜・*:.。. .。.:*・♪
古代の岩や木々、草、土に触れることで自然の持つ「気(エレメンタル)」に触れているからなのでしょうか^^


右田ヶ岳1万回を越えて登って来られた強者の方に、もしも遭遇できたら
聞いてみたいですね。


それでは、山登りの後にでもニコさんの『山の店』でコーヒーでも飲めるということで
写真を公開しときますね。
ニコさんは、それこそイモトと同じマッターホルンやアコンカグアなど、世界の名だたる山に登山された
経歴の持ち主です。
世界のいろんなお話が聞けるだけでもいいですよねっ
(ニコさんの登山・マウンテンバイクの経歴お店の情報は最初の「山の店」URLをクリックしたら確認できます)

ログハウス風の『山の店』です
*写真はクリックで拡大します*
DCIM1153.jpg

DCIM1152.jpg

DCIM1135.jpg

右田ヶ岳の石や岩とその向こうに右田ヶ岳を臨みます。
    ↓
DCIM1144.jpg

敷地はけっこう広大で、バーベキューも開催するそうですよ。
    ↓
DCIM1140.jpg

ハナミズキが満開でした
    ↓
DCIM1150.jpg

何故か、古墳もあり。
    ↓
DCIM1138.jpg

ココからは、木の化石 です、いつの時代のものなんでしょうね。ロマンを感じます。
    ↓
DCIM1149.jpg

DCIM1147.jpg


☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

関連記事
右田ヶ岳 山の店 イモト 石崎D 登山 / CM : 22 / TB : 1

STAP騒動、元リケジョ(理系女)として一言!

2014-04-12:Sat ◇ 健康・医療

[STAP細胞] ブログ村キーワード
[リケ女] ブログ村キーワード


リケ女の星小保方晴子氏のSTAP細胞論文が大騒動になっています。
STAP細胞は、新たな万能細胞で刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得細胞と要約されます。

元リケジョの mobic としては一言物申さずにはいられませんっ
薬剤師のメルマガや日々の情報誌から、まずはこんな情報を発見!
      ↓
理研が落ちた「わな」:再生医療の覇権争い iPS先行で
http://mainichi.jp/select/news/20140319k0000e040250000c.html
お時間のある方はクリックして読んで頂ければわかるのですが、

要約すると、話題騒然のips細胞方面にばかり研究費が流れているのを理研へ向けようとして出したのが
STAP細胞だったのだが、焦りすぎて検証など不充分なまま世に出してしまい、
逆にバッシングされることになってしまった・・
小保方さんは「実際忙しすぎて論文の内容をチェックする時間もなかった」と述べておられました・・
(しかし、写真が博士論文のもので違っているとか、画像を鮮明に切り貼りして見えやすくしたとか、誰が告発したんでしょうね?? 内部の者か共同研究者か、よほど近しい人物でないとわからないと思うのですが。)
    ↓
そこで理研はとかげのしっぽ切り(?) あろう事か若い研究リーダー小保方氏一人に責任を被せた、
お金(研究費)と覇権争いの構図が見えて来るのです

小保方氏の上司 笹井芳樹氏 は来週会見を行うという。
    ↓
小保方氏の指導役「STAPは本物の現象」 来週会見へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140411-00000012-asahi-soci

小保方氏の会見では、実験の詳しい内容他、言ってはいけないと理研から口止めされていた(あの会見自体もリアルタイムで口止めされており、何も詳細を公表できていない)とのこと。

mobicは 大学の卒論と大学院の学会発表と修士論文ぐらいしか論文は発表していないのですが、大学の時は博士課程の先輩が使う写真、実験内容、文章まで
チェックされ、その後、研究室長である准教授もチェックされて、ようやく論文と認められるものになりました。
小保方氏一人で世に発表したなんて理屈は通りませんよ、理研さん!

大学の時に所属した研究室は生化学だけで5つあって、それぞれの室長は似通った研究をしていたので
お互い牽制し合っていましたし、1分1秒、いかにお隣の研究室を出し抜いて自分が手柄を立てるか、
そればっかりだったように思います。

論文だって、ホントに1秒差で他の研究者のものが受理されたらもう先を越されてしまうのですから、
そうなってしまうのかもしれませんが、“研究室同士でいがみ合って、せちがらいなあ~” と純粋な mobic はガッカリしたものです。

でも、mobic の大学は予算が少なくて、冷暖房もなく冬はガタガタの窓から風が入って来るような状況で
無菌室も簡易な手作り(大丈夫か不安でした)のような状態。
確かに研究費が豊かであれば! と思う面もありました。

STAP細胞に話を戻しますと、とにかくつい最近まで、膨大な研究費は ips細胞に充てられて来たので、我も我もと研究者はその研究にあたったと思うのです。
脚光を浴びた分野にばかり研究費を出す国のやり方は如何なものか、昔も今も変わっていないっ
まずは、このような国の研究費の出し方を改めていただきたい!
STAP細胞 VS ips細胞 この構図もある意味、研究費を確保しなければやって行けない研究所や研究者の哀しい現実が現れたものだと思います。
地味な研究にも客観的な評価と研究費を割り当てる、国にはそんな目を持ったお役人も居ないのでしょうね・・・


そして小保方さん、そんな理研にしがみつかないで、お願い。
実験ノートも訂正した写真も貴女の切り札は何も手元にない、理研に渡しちゃってる。
不服申し立てをする相手に証拠を渡してしまって・・そんな状況で戦えないよ。
返してもらって、そこを出たほうがいいよ。
貴女なら、やり直せると思うから。


☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

関連記事
STAP細胞 小保方 論文 ips細胞 / CM : 42 / TB : 0

温かいお弁当♬

2014-04-04:Fri ◇ エコ・食・環境

[弁当箱] ブログ村キーワード


桜が咲き始めたと思ったら
     ↓
*写真はクリックで拡大します*
DCIM1107.jpg

アっという間に満開になって
     ↓
DCIM1114.jpg

今日はもう花散らし
     ↓
DCIM1117.jpg


最近のプチ幸せ気分ですが
新しいお弁当箱を買って、温かいご飯が食べれることです。

前の2段重ねになったお弁当箱は11年使って、フタが割れてしまいました。
一度、瞬間接着剤でくっつけたのですが、洗ったりしていたので
再び割れてしまい、サヨナラすることに。
     ↓
DCIM1126.jpg

新しいお弁当箱は春色です^^
     ↓
DCIM1124.jpg

ご飯が冷めずに温かいまま食べられるのが幸せです♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪
     ↓
DCIM1120.jpg

サーモス”という会社が作っています、有名な会社みたいです。
     ↓
DCIM1121.jpg

中はこんな構造になっています。
     ↓
DCIM1123.jpg

実際の中味、左から「ご飯」「スープ」「おかず」で容器も柔らかく開けやすく閉めやすい。
     ↓
DCIM1125.jpg

一息ついてお弁当箱を開けるのが楽しみになりました。

ちなみに、日本は八百万の神の国、山にも石にも草花にも精霊(神)さまが宿っているというお国柄。
弁当箱にも精霊さんが宿っています。

これまで一生懸命働いてくれた古いお弁当箱。
捨てる前に“ありがとう”と言って、天に帰してあげましょう。

古くなったお洋服を捨てる時だって同じですよ。
捨てられないという人もいますが、破れたり穴があいても着るのは、
精霊さんも疲れてしまいます。
“ありがとう”とお礼を言ってサヨナラしてあげてくださいね^^


☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

関連記事
弁当箱 サーモス 精霊 / CM : 15 / TB : 0

プロフィール

mobic(モービック)

Author:mobic(モービック)
寝てる時、食べてる時が一番幸せな、コアラ的人間です。
病気、健康、体や心の悩み,エコや社会問題などなど、感じたことを書き綴っていきたいと思います。
多くの方々と意見を交流し、お話できれば嬉しいです。

置き手紙

おきてがみ

ようこそ♪

ブログを分析 ポチっと♪

blogramで人気ブログを分析

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード