スポンサーサイト

--------:-- ◇ スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAG : -

咲き誇るバラ 人もさまざまな花を咲かせる

2015-05-30:Sat ◇ 生き物・動物

[バラ祭り] ブログ村キーワード


たくさんのブロ友さんが、美しいバラの写真をアップしておられ、
ついつい mobicバラに会いに行きたくなり
山口県光市(ソフトバンク光 CMの光市です) 冠山総合公園バラ祭りに行って来ました
       ↓
*写真は全部、クリックで大きくなります*
DCIM1857.jpg

実は mobic G.W.に足の小指をしこたまぶつけて骨折しており、それ以来、痛くて靴を履けないでおります。
どこに行くにもゆるいサンダルやスリッパなので、なるべく歩行しなくて済む所へと(^_^;)

それにピッタリの冠山総合公園
約330種1,400株のバラの花が駐車場からレストランという入口からコンパクトに咲き乱れておりまして
広大なバラ園でないにも関わらず、体も心も満足させてくれました♪゜・*:.。. .。.:*・♪

しかし、これだけ多数のバラたちを健康で美しく咲かせる為には毎日のお世話が必要なんでしょうね。
育ててくださった公園の方々に感謝ですっ

        ↓
DCIM1867.jpg

DCIM1878.jpg



記事の更新の方も遅れておりまして、今回、2話を薔薇の花と共にまとめて更新させていただきますっ

『花燃ゆ第19話 女たち、手を組む』
『花燃ゆ第20話 松陰、復活!』


<第19話>
井伊直弼大老が外国との条約を勝手に結んだ結果、交易が始まり物価が高騰!
文(ふみ)たち長州藩も日々の暮らしに苦労をしていました。
        ↓
DCIM1906.jpg

また、兄 寅次郎(吉田松陰)が処刑されたことで、弟子の塾生たちは仕事を追われ、再就職もできずに苦しんでいました。。

女たちは、何か役に立ちたいと、内職をしたり
        ↓
DCIM1907.jpg

塾生の亀太郎の母親から余った小魚をもらってすり身にして、“かまぼこ”を作ったり
        ↓
DCIM1908.jpg


夫、久坂玄瑞たちが志を遂げる為に貯めていた“一燈銭”
妻や子供たちも知恵を絞って役立とうとしていたんですね。
それなのに男たちにはあまり理解してもらえず、すれ違う文(ふみ)と久坂の姿などが
女性としては切ない気持ちにさせられました



<第20話>
長州藩主 毛利敬親 によって、兄吉田松陰の罪は赦され、
松下村塾の塾生たちは、攘夷決行の為に次々と京へと動き出しました。
         ↓
DCIM1913.jpg

一方、松陰の甥 篤太郎や子供達は、松陰先生の本や言葉を学びたいと
再び、松下村塾に集まって来るようになるのです。
そして、写本をして本を売ったわずかなお金を役立ててもらおうとしたり
         ↓
DCIM1914.jpg

上海遊説から帰って来た 高杉晋作 は、列強大国に侵略されてしまった清国を目の当たりにして
時間がない、長州だけでも異国と戦うべきと強調し
         ↓
DCIM1911.jpg

小田村伊之助は、長州を一つにまとめるべく
岩国や長府の毛利へ 攘夷の意見に賛同してもらうように出向いて説得を始め
         ↓
DCIM1912.jpg

遂には、京の英国公使館焼き討ちを攘夷ののろしとします。
         ↓
DCIM1910.jpg

男たちの志と勢い。
それを陰で支える女たちと子供達。


バラにも色々な顔があるように、人間もいろいろな顔があります。
高杉晋作はどんな顔?
ミスター・リンカーンという真紅のバラがありました。
*写真は全部、クリックで大きくなります*
         ↓
DCIM1869.jpg

高杉晋作の燃え滾るようなエネルギーはやはり真紅のバラが似合うかもしれませんね
         ↓
DCIM1900.jpg


DCIM1894.jpg


これは「まさこ」という品種の優しいピンクのバラ。
皇太子妃 雅子さまをイメージしているのでしょうか??
         ↓
DCIM1893.jpg

いろんな人を結ぶ心優しい 文(ふみ) もピンクのイメージがします
         ↓
DCIM1901.jpg


高杉晋作の妻 雅 。 弓の名手で活発で萩一番の美人と言われたとか。
オレンジと黄色の明るい色彩のバラのイメージ^^
         ↓
DCIM1866.jpg


“ストロベリーアイス” という可愛らしい命名のバラは透明感のある白と赤のコントラスト。
         ↓
DCIM1890.jpg

レストランの煉瓦にはミニバラが鈴生り!
          ↓
DCIM1870.jpg

その煉瓦にはこんな楽しいお顔の花も^^
「時計草」というお花らしいです。
          ↓
DCIM1871.jpg

では、最後にいろんなお顔のバラたちをお楽しみくださいね☆.。.:*・
   
DCIM1902.jpg

DCIM1887.jpg

DCIM1885.jpg

DCIM1873.jpg

DCIM1864.jpg

DCIM1859.jpg



☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
バラ 冠山総合公園 高杉晋作 高杉雅 リンカーン / CM : 9 / TB : 0

正しいとは?間違いとは?一体何??

2015-05-20:Wed ◇ 歴史・社会

[大阪都構想] ブログ村キーワード
[井伊直弼] ブログ村キーワード

橋下市長、さばさば会見 「間違っていたんでしょうね」
http://www.asahi.com/articles/ASH5K7RM3H5KPTIL042.html

wst1503280060-p2.jpg


大阪都構想」 否決。。
果たして橋下市長は間違っていたのでしょうか?
任期満了にて政界引退とは、大変残念に思います。
あれこれ理由をつけて、現状を変えようとしない
日本人は本当に保守的ですね~

夕張市が破産し、次に破産するのは大阪市と言われていたことは有名です。
お上から天下った首長たちは赤字を削減する気もなかった(?)
結局、叩かれながらも断行した橋下市長(知事)によって
圧倒的に赤字は削減された。。皮肉な話ですね
目先、不便になるとか、当面今が良ければこのままでいいとか、
そんな場当たり的考えで一票を使って、数年後に自然に破産したとして
それで良いということなんでしょうか?

“大阪を一つにまとめたい、市と府の二重行政というムダを省きたい”
元々はより良くしたいという意思から始まったことなのに・・・


『花燃ゆ第18回 龍馬!登場』

タイトルは龍馬ですが、mobic は桜田門外の変で暗殺された高橋英樹演じる井伊直弼大老に感じ入るものがありました。
        ↓
*写真はクリックで全部大きくなります*
DCIM1852.jpg

高橋英樹さんは、ずっと井伊直弼を演じたくて、数十年。
待望の役を頂けたとおっしゃっています。
        ↓
DCIM1851.jpg

井伊直弼も、日本を良くしようという同じ思いを持って、幕末を駆け抜けた。
ただ、長州から見ると、悪役であり敵という見方となるだけで。。」
高橋英樹さん、おっしゃる通り!

時代が違えば、井伊直弼のしたことは偉大なる業績であったかもしれないのだ。

今また、アメリカや中国や韓国など、大国・隣国に包囲されて、どうしようもない位置にいる日本。
吉田松陰先生は、開国は時期尚早(まだ早い)とおっしゃった。
そのお言葉が現代にも、当てはまる面もあり。

それならば、開国から過去の歴史が正しかったのか? 間違っていたのか?
正しいとは何か? 間違っているとは何か?
再び考えさせられる。


だから、現代に戻って、橋下市長がこれまでされて来たことや熱い思いを“間違ってたんですね”
の一言で片づけることは、私にはできません。

たとえ敵と味方に分かれても、国を良くしたい、人々の生活を良くしたい、という同じ思いを抱えた者同士。
井伊直弼と吉田松陰、彼らを 同士 と呼んで良いのではないのでしょうか?


DCIM1831.jpg


☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

関連記事
大阪都構想 橋下市長 井伊直弼 / CM : 12 / TB : 0

ブログ7周年 花燃ゆも第二ステージへ!

2015-05-10:Sun ◇ 歴史・社会

[吉田松陰] ブログ村キーワード
[長州藩] ブログ村キーワード

「花燃ゆ第17回 松陰、最期の言葉」

*下記の言葉はクリックで大きくなります*
        ↓
pc1280x800_20150510111909a85.jpg


30歳になったばかりで人生の幕を閉じた吉田松陰先生。
その種が弟子たちにしっかりと受け継がれて、激動の維新・幕末の時代へ。
アメリカ・イギリス・オランダ・フランスという大国vs.長州藩(山口県) という小さな日本の中の1つの藩(県)。
ボロボロに打ちのめされながらも戦い抜いたのは、農民・町民・下級武士、女など、身分や性別を越えた庶民の草莽崛起!!

そう思えば、現代の私たちにもできることはあるのではないか? と思う今日この頃。
そんなことを考えつつ、5月5日で7周年を迎えた『薬剤師の不養生』ブログ。
そこへ飛び込んで来た、世界遺産登録勧告のおめでたいニュース!!

        ↓
<世界文化遺産>松下村塾など5件の萩市「維新150年へ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150504-00000055-mai-soci


これからどうするの?
本当は、mobic もあちこち出かけて行ったり、いろんな人と会ったりしたいものですが
現在の時間と状況ではブログを更新して、そこでの出会いを育んで行くことが精一杯。

コメントしてくださったり、リンクしてくださる方は積極的にご紹介させていただく所存です。
これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします!


では、松陰先生、最後の言葉、の内容に戻ります。

江戸の伝馬町の牢獄へ運ばれた寅次郎(吉田松陰)ですが、「老中眞鍋を諌めようとした」と、
取り調べで言わなくても良い大罪を告白してしまいます。
        ↓
885.jpg

井伊直弼大老は激怒。
        ↓
DCIM1832.jpg

それでも真っ直ぐな眼をした松陰先生、まさに、キリストの生き写しデス
        ↓
DCIM1831.jpg

しかし、降された罪名は“死罪”
松陰先生の最後は立派で、幕府の役人も感嘆したと言われています。


松陰先生は、松下村塾の弟子たちへ宛てた手紙と、文(ふみ)達家族へ宛てた手紙をそれぞれ書いていましたが
1通ずつは長州へ戻る小田村伊之助へ託し、もう1通ずつを牢を仕切っていた沼崎吉五郎へ託しました。
   
沼崎吉五郎
       ↓
f1c1e517583de1e1595c471a5a3cf7af.jpg
        ↓

「俺は金以外で人と関わったことはない」という沼崎へ
「もう蔓(ツル=お金のこと)はありませんが、書状が途中で誰かに阻まれた時の為に
貴方が牢を出た時に、これを家族と弟子に渡して欲しいのです」と託します。

金の切れ目が縁の切れ目と松陰先生に言い切った沼崎吉五郎でしたが
自分が牢を出た 明治9年に、書状をちゃんと渡したということです。
お金にしか価値を見出さなかった男の心にも何かが響いたのでしょうね。

牢名主の沼崎吉五郎吉田松陰先生の交流に心温まる思いをした第17回でした。

☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

関連記事
沼崎吉五郎 吉田松陰 安政の大獄 松下村塾 世界遺産 / CM : 8 / TB : 0

雨は人の涙なのかしら?

2015-05-03:Sun ◇ 歴史・社会

[吉田松陰] ブログ村キーワード
[安政の大獄] ブログ村キーワード


5月3日、今日は mobic のG.W.初日ですぅ
あれ? 
朝からずっと雨が降ってますよ?
テンション下がるなあ

でも、ブログ更新にはピッタリのお天気ですっ

『花燃ゆ第16回 最後の食卓』
*画像は全部クリックで大きくなります*
DCIM1835.jpg


まずは、泣きました。。今日の雨のように涙が流れました。。

寅次郎(吉田松陰)は世に云う 安政の大獄 の命令によって萩の野山獄から江戸の獄へ召喚されることに!
塾生たちが野山獄に集う中、寅次郎は絵の得意な 松浦亀太郎 に似顔絵を描かせます。
        ↓
DCIM1846.jpg

いよいよ己の最期を意識されていたのでしょうか・・・
DCIM1836.jpg


翌朝には江戸へ出立するという日の一晩だけ、家に帰る事を赦されて家族揃っての食事やお風呂。
母の杉滝(たき)は寅次郎の背中を流しながら、二度と戻って来ないと知りながらも
「帰って来たら江戸の話を聞かせておくれ」と言ってしまいます
        ↓
DCIM1838.jpg

DCIM1839.jpg



夜が開けて翌朝。
奇しくも寅次郎が江戸へ発つ朝は雨が降りしきっていました・・

松陰先生は、萩からおよそ10Kmほど登った場所、明木 で最期に萩の町を見たいと籠を降ります。
明木は、 mobic が父の仕事の関係で3歳まで暮らした山村です)
          ↓
DCIM1840.jpg

その日は雨に煙って何も見えなかったと思うのですが・・・
          ↓
DCIM1830.jpg

松陰先生の背景に映っているのは萩の街の風景です。
(TVを一時停止して撮っているので波線が出てしまってスミマセン。。。)
          ↓
DCIM1841.jpg

現在、その場所は松陰先生の“涙松”と言って、石碑と句が立っています。
          ↓
DCIM1843.jpg

DCIM1842.jpg


吉田松陰役の伊勢谷友介さん、ほんとにオーラがあります!

「最後の食卓」 
それがキリストと弟子たちの『最後の晩餐』と重なってしまいます。

supper.jpg


次回、いよいよ 松陰先生 最後の言葉。


2010年に(もう5年も経つんですね)、乳児の頃を過ごした萩市明木へ行った時の記事です。
桜が綺麗です^^
         ↓
松陰先生の遺志
http://mobic530.blog61.fc2.com/blog-entry-131.html


☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

関連記事
杉滝 明木 涙松 松浦亀太郎 キリスト 最後の晩餐 / CM : 7 / TB : 0

プロフィール

mobic(モービック)

Author:mobic(モービック)
寝てる時、食べてる時が一番幸せな、コアラ的人間です。
病気、健康、体や心の悩み,エコや社会問題などなど、感じたことを書き綴っていきたいと思います。
多くの方々と意見を交流し、お話できれば嬉しいです。

置き手紙

おきてがみ

ようこそ♪

ブログを分析 ポチっと♪

blogramで人気ブログを分析

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。