文(ふみ)から美和(みわ)へ 新たな人生

2015-08-22:Sat ◇ 時間エネルギー 過去・現在・未来

『花燃ゆ』 毎回、涙を流して見ている mobic です
時代が違っても、そこで全力で生きた人たちの生き様は決して古臭く感じたことはありません。

過去(昔)⇔現在⇔未来
尊敬する師 には数々の名言がありますが、その中で “時間(エネルギー)” に触れたものを紹介させて頂きます。

『現状維持は過去維持だ。
私達が「現在」だと思っている時刻は、それはもはや既に「過去」になってしまっている。
過去維持しようとすると、過去エネルギーが大量に流れこんできて、未来を実現することができない』

確かに、TVをただ漫然と見ていたり、ゲームで何時間もがなんとなく過ぎて行くなら、
次の瞬間に今→過去へと次々に時間はこぼれて行ってしまう感覚になりますよね。
mobic は時間を無駄にしたという、罪悪感にも似た感情が湧いて来ます

では、どうしたらいいんだろう?
それは“漫然と”→“試行錯誤” へ置き換えることだと思う。
失敗したとしても、試行錯誤はなんらかの宝物をもたらしてくれるはずだから!

師の言葉 二つ目
『未来ビジョン × 試行錯誤 = 意志 である。』


『花燃ゆ 第28回~33回』 までをまとめてみます。
なんと言っても、夫 久坂玄瑞を亡くした文(ふみ)の生き様です!
間髪入れずに文は、毛利藩の大奥へ入り、姫様に気に入られ、お世継ぎの守り役(育て役)になるのですっ

mobic だったら、亡き夫や兄を偲びメソメソしていたかもしれません。。
これこそが、文(ふみ)が過去エネルギーを溜め込まない女性であった証です!
常に未来へ向かって行こうとするその姿に涙せずにはいられないのです。

『花燃ゆ第28回 泣かない女』

夫のした事に対し、久坂家 お家断絶 そして様々な批判や後ろ指・・
mobic だったら保守派の藩の重役を恨んだり、メソメソしたり、していたのではないかと。。。

ところが文は毛利藩の奥座敷へ女中として入り、不慣れで厳しい仕事に取り組んで行くのです。
        ↓
DCIM1988.jpg

DCIM1994.jpg

一方で、毛利藩(長州藩)はイギリスら四カ国からの攻撃にたった一藩で立ち向かっており、敗戦は免れない崖っぷちに立たされていました・・・
高杉晋作は敵地へ日本の装束で出向き、なんと古事記を朗々と詠い、交渉を成立させるのでした。
        ↓
DCIM1989.jpg


『花燃ゆ第29回 女たちの園 30回 お世継ぎ騒動』

名前を文から正式に美和へと改め、藩主の妻 都美姫と 次期藩主の妻 銀姫 の反目や女中たちの抗争に巻き込まれながらも
奥勤めに励む美和。
        ↓
DCIM1990.jpg

その頃、藩政の方では、保守派の椋梨が実権を握り、三家老を全員処刑。
それ以外にも吉田松陰などの流れを汲むものを見せしめに処刑。
義兄である小田村伊之助の兄・松島剛蔵も処刑され、伊之助にも処刑の日が迫ってきました!
        ↓
DCIM1992.jpg

『花燃ゆ第31回 命がけの伝言』

改革派を次々処刑していく椋梨は高杉晋作を狙っていた為、美和は危険を高杉に知らせる為
銀姫たちと作った贈り物に手紙を忍ばせて送り届け、高杉を、無事萩から脱出させることに成功となりました!
         ↓
DCIM1996.jpg


『花燃ゆ第32回 大逆転!』

高杉晋作が下関で挙兵。
伊藤利助(博文)や前原一誠らも加わり、椋梨の居る萩本陣を攻撃へ!
反乱軍は、当初の80名から民衆を味方に付け1000名近い大軍勢へと膨れ上がり、大田・絵堂の激戦に勝利する。
         ↓
DCIM1985.jpg

『花燃ゆ第33回 花となるために』

高杉晋作の内乱によって椋梨は政権から追放されることに!
兄 吉田松陰を陥れ、夫 久坂玄瑞に汚名を着せた椋梨藤太。
美和にとっては憎んでも憎みきれない怨敵であるはず。
         ↓
DCIM1986.jpg

椋梨がお城を追われるその日、奇しくも門まで見送るお役目を美和は言い渡される。
「何故、兄松陰や夫久坂に酷い仕打ちをしたのですか?」 と問いただす美和に
椋梨は「ただ政事(まつりごと)を貫いた それだけだ。」と 返答。
         ↓
DCIM1998.jpg
政事(まつりごと)の栄枯盛衰。
椋梨も藩を護る為には幕府に付いた方が良いとして断行したことであって、悪気ではなかったことであろうが。。。
印象的な二人の場面でした・・


そして、遂に銀姫にお世継ぎが誕生!
         ↓
DCIM1984.jpg

美和は、銀姫からお世継ぎの守役に任命されるのでした。
         ↓
DCIM1999.jpg

半日だけ吉田家の家族の元へ帰れた美和でしたが、もう、萩へは戻れないかもしれないという
覚悟を決めて奥へ戻ったのでしょうね。

☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

美和 銀姫 お世継ぎ 過去 未来 / CM : 11 / TB : 0

国云々ではなく人として! 命を慈しむ心を!

2015-08-09:Sun ◇ エコ・食・環境

[長崎原爆] ブログ村キーワード

毎日猛暑が続きますね!

mobic 実はちょっと弱って来ておりまして、心臓のお薬を飲んでますけど不整脈がしょっちゅう出ている状況。
思えば、昨年の8月から心臓のお薬を飲み始めたわけで、高温多湿のこの時期が最も心臓や体に負担がかかるとも言われているそうです。

いつも当ブログを訪問して下さる皆様、
どうぞ、お体ご自愛くださいね



では暑い夏、元気になる(?) 話を一つ。

ゴキブリ?!
      ↓
DCIM1982_20150809113815187.jpg
玄関の灯りの下にこの子がポトっと落ちていました。
触ると息がありますっ^^
カブトムシのメスです。
       
さっそく、これから帰って来る、主人へ電話
カブトムシがおるから、実家へ寄ってスイカをもらって来て。一切れだけ残っていたはずだから」
「うん、わかった(^-^)/」

ところが、ただいまと帰って来た主人は空の弁当箱と水筒しか持っていません。。
「あれ? スイカは~?」
「実家で食べたよ、だってカブトムシおらんかったし、お義母さんが食べたらって・・」
カブトムシは“うち”に居るんだよっ

仕方がないので、とりあえずハチミツを脱脂綿に染みこませて頭をグイっと近づけてみると
すぐに吸い始めました^^
       ↓
DCIM1983_20150809113814d2d.jpg

ちなみに、主人はカブトムシが暴れん坊だったので、触ると痛いらしく棒に捕まらせていました。
mobic はモチロン、手で掴みました

ハチミツが染み込んでいるところを360度、しっかり吸い付くし、朝見たら既にどこかへ飛び去っていました。
きっと産卵の途中で光を見つけて迷い込んだのでしょう。
立派な卵を産んでね~


本当は、“暑中お見舞い”というタイトルで更新しようと思っていたけど、今日は既に“残暑お見舞い”
そして、忘れてはならない長崎原爆の日』

8月9日は何の日? と街頭で聞いたら、多くの人が知らないという驚きの現実。。。
被爆の画像は敢えて載せませんが、忘れてしまってはならないことと思います。

広島の原爆(リトルボーイ)と長崎の原爆(ファットマン
        ↓
fig07.jpg
実験の為にアメリカが投下したもの。
しかも、ブログ友達の 荒野鷹虎 さんの記事によると、
被爆者を「治療」せず「実験動物」のように観察する組織「ABCC」(原爆障害調査委員会と訳されたアメリカ軍施設)を広島・長崎に設置した。」 という。。。

荒野鷹虎さんの記事はコチラ
        ↓
長崎  70回目の原爆忌
http://takatora.blog74.fc2.com/blog-entry-4245.html

長崎の原爆(ファットマン)と同じ形のミニ爆弾(パンプキン)←(中身は核ではありません)。
起爆などのタイミングを測る為に、実験的に日本全国に落とされ、山口県でも宇部市で20名弱の人が亡くなっています。。
        ↓
f2d3fb731882fed28401ecc453f2ac27.jpg

ブログ用①
まさに、日本人は“ジャップ”とアメリカから差別用語で呼ばれるような蔑まれた存在であり、
実験動物扱いだったことがよくわかります。

ノーベル平和賞でしたっけ?? オバマ大統領が受賞したのは???
しかし、ブッシュの時とは比べ物にならない巨額のお金を投入し、日々、核兵器の開発を指示しているそうですよ

それに、人としてどうなんでしょう?
酷いことをしたら、謝るのがスジではないのでしょうか?
戦勝国は謝る必要は無いとか? 
スポーツでも喧嘩でも、勝っても負けてもお互いフェアな関係性ですよねえ。


ドイツや他の国は「あれ? 敗戦国だったの?」 という位、堂々としているのに
日本は70年(もしかしてこれからも子々孫々???)、ずっと敗戦国としての扱い・・
だから、安倍さんはオバマさんや米国に何も言及することはできないと思いますが、
もしも、勇気ある首相が“謝れ”と言ったところで
法律では云々~と、己に都合のいい法律をかざして否定してくるのでしょう。

でも、結局、行き着くところ、原点は、“法律じゃなくて人として”
というところ、だと私は思います。
そう思えば、ひどいことをしても謝らないということは、
今も米国にとって、日本は
“ジャップ!と”腹の中では思われているということかもしれませんね。

長崎 浦上天主堂 では早朝午前6時から追悼ミサが開かれたそうです。
        ↓
137602621660813206435_002.jpg

原爆投下時の浦上天主堂。 
        ↓
b0181748_1385031.jpg

焼けただれたマリア像。
        ↓
20110809113159.jpg

長崎はキリスト教信仰が日本の中でも最も根付いている土地。
そこへ原爆を落とすなんて、
天に向かって唾を吐く行為なのでは?


☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

関連記事
カブトムシ 長崎原爆 ファットマン パンプキン / CM : 16 / TB : 0

プロフィール

mobic(モービック)

Author:mobic(モービック)
寝てる時、食べてる時が一番幸せな、コアラ的人間です。
病気、健康、体や心の悩み,エコや社会問題などなど、感じたことを書き綴っていきたいと思います。
多くの方々と意見を交流し、お話できれば嬉しいです。

置き手紙

おきてがみ

ようこそ♪

ブログを分析 ポチっと♪

blogramで人気ブログを分析

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード