子供を授かることの幸せ。

2015-10-22:Thu ◇ 恋愛・人間関係

[オシロイバナ] ブログ村キーワード

DCIM2048.jpg
すっかり秋の空になりました。

庭にはオシロイバナが赤・白・黄 と咲き誇っています☆.。.:*・
        ↓
DCIM2046.jpg
オシロイバナ(白粉花)
花言葉は、「臆病」「内気」「恋を疑う」


偶然(シンクロというのかな?)にも、今回の記事のテーマとバッチリ合致しています。

命を賭けて時代の波に抗った夫 久坂玄瑞 は25歳で亡くなり、若干22歳で未亡人となった 文(ふみ)。
前々回の記事で、高杉晋作が文に最後に残した遺言とは? 
で終わっていましたが、実はそれは、夫 久坂玄瑞 の隠し子が京都に居る というショッキングな内容だったのです。。。

では、37回~40回のあらましを、ザックリと書いてみます。

美和(=文)は、夫 久坂玄瑞 の残した隠し子を探す為に、無法地帯と化した京の町に足を踏み入れます。
           ↓
『花燃ゆ第37回 夫の忘れがたみ』
DCIM2054.jpg

暴徒に襲われそうになった時、助けてくれたのが、久坂の愛人 辰路 で、辰路は美和が久坂の妻であることに気づくのでした。
こんな出会いもあるんですね
           ↓
DCIM2053.jpg



『花燃ゆ第38回 届かない言葉』

時代は明治となり、版籍奉還で全国の 「藩」 は、「県」へと変貌を遂げます。
長州藩も領地を返上し、藩主 毛利敬親 は隠居となり、息子の 毛利元徳 が後を継ぎます。
ところが、元徳 は、功を焦って、身分や仕事を捨てて戦ってくれた維新の志士たちを
財政難を理由に切り捨ててしまいます。
          ↓
DCIM2055.jpg

皆の願いと声は 玄徳には届くことはなく、身の置き場を失くした兵士たちの不満は頂点に達するのでした。

『花燃ゆ第39回 新しい日本人』

その後、前の藩主 毛利敬親 が亡くなり、
明治政府は「廃藩置県」を発令、美和たちの奥御殿も閉鎖されることに!
かつて武士であった美和(=文)の義兄 小田村伊之助 と姉の寿 も 苦労しながら農業を営んで生活をすることに
          ↓
DCIM2057.jpg

そんな時、京より辰路の子 秀次郎 が文のもとへやって来ます。
秀次郎は、ひと目で久坂の子とわかるくらい、久坂玄瑞に似ていたと言われ、
長州藩も 「久坂秀次郎」 と認定したのです。

          ↓
DCIM2056.jpg


『花燃ゆ第40回 二人の

亡き夫の忘れ形見ということで、文(ふみ)は秀次郎を、久坂家の後継ぎとして育てようとしますが、
秀次郎はなかなか文の言うことを聞いてくれず、やんちゃばかり。
(文の心中、女として、妻として、として、どんなにか複雑な想いであったことかと思うと。。)
           ↓
DCIM2058.jpg

そこへ、京からこっそり 産みの 辰路 が秀二郎の様子を見に来ていたのです。
(秀次郎の幸せを思って久坂家へやっても本心は我が子が恋しい 辰路 の気持ちも切ない。。)
           ↓
DCIM2059.jpg


人の為、世の中の為に一生懸命我が身を削って生きてきた 文(ふみ) は22歳で未亡人となりました。
夫 久坂玄瑞は、京で派手に女遊びをしていたといいます。
しかし、明日をも知れぬ命の張り詰めた毎日の中で、それも仕方なかったのかな??

mobic も子宮の手術をして、子供に恵まれませんでしたので
子供を授からなかった文が、けなげに思えてなりません!
ましてや、後継を産むことが、女性の全てぐらいに思われていた世の中で、
どんなにか寂しく悔しい思いであったことでしょう。。
多分、男性には理解しがたい内容かもしれませんが、大変深い感情が
文の心の奥底にあったと思うのです。

☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

関連記事
オシロイバナ 久坂秀次郎 母 辰路 毛利敬親 元徳 / CM : 7 / TB : 0

何度でも羽ばたくことは出来るんだ\(^o^)/

2015-10-08:Thu ◇ スポーツ

[バタフライ効果] ブログ村キーワード

e0199691_121217.jpg

ついこの間まで、ニュースと言えば殺人などの暗いものばかりでしたが、
10月の声を聞いた途端、ノーベル賞やラグビーやら、明るい話題にガラっと転換していませんか??
(メディアが明るい話題を取り上げているだけかもしれませんが(^_^;))

フィギュアスケートでは、なんと言っても 浅田真央 選手!
先日のジャパンオープンで、1年半の休養から復帰した 浅田真央 選手は
代名詞であるトリプルアクセルを成功させ、最後まで素晴らしい演技を見せてくれました!

幼い頃に世界の頂点を極めた 浅田真央 選手にとって、常に追われる立場であり
バッシング(特にキムヨナが居た頃の韓国は、SPが居ないと恐ろしいくらいと聞きました)やプレッシャーなどの重圧は
常に彼女の肩にかかっていた状態であったことでしょう。

だからこそ、復帰後の初戦で成功するか、それともつまづくか、
それが復帰後の運命を決めると言っても過言ではないと
mobic は思っていたので
思わずガッツポーズでしたっ

今シーズンの 浅田真央 選手のフリープログラムは 『々夫人』 で、衣装も“”で彩られています・・・

実は、うちの“手乗り”が9月の終わりに死んでしまったのです・・・
それだけに、あの衣装のたちに、“手乗り” を重ねずにはいられないのです
(そうなると、平面ガエルならぬ、「平面」になってしまいますが

飛べない “手乗り蝶” の最期はちょうど生まれて1ヶ月経つ頃に、突然やって来ました。
私も主人も全く気づきませんでした。。このままずっと、一緒に暮らせるかななんて誤った錯覚を抱いたりして。
後から思えば、いろいろとシグナル(信号)は出していたのですよ
・蜜を吸う為のストローを出すのですが、多分吸えないのでしょう、前足でストローを真っ直ぐに支えたりしていました。
・やたらとバタついて、外に出すと、やみくもにバタバタ歩き回っていました。
・何度も蜜を吸ったりお水を与えているのに、バケツやティッシュに糞(ふん)をしなくなっていました。

ところが、驚くべきことに、その最後の日に、“手乗り蝶”は卵を二つ、ティッシュに産み付けたのです。
黄色い小さい丸い卵、弱った体なのに力を振り絞って子孫を残そうとしたんですねっ

(主人が新しいティッシュと取替えてしまい、写真は撮れませんでしたが・・・)
調べてみると、捕獲した蝶はオスがいなくても卵を産むそうです。50個産んだと書いている人も居ました。

バタフライ効果(蝶々効果)』
気象学者エドワード・ローレンツが講演会を開いた時の題目『ブラジルでの蝶の羽ばたきはテキサスでトルネードを引き起こすか』
から来ているそうです。

ある場所における蝶の羽ばたきがはるか遠くの場所の天気を左右する可能性が考えられるという内容は風や波などの気象には数多くの不確定要素が干渉してくるため、どのような状態になるかを 予測するのはかなり難しい ですが、実際にブラジルでの蝶の羽ばたきがテキサスにトルネードを起こす原因に繋がらないとは 否定も出来ない

ローレンツの気象の例えが現在では、人生観・世界観を表す一つの言葉として捉えられ
「どんなに初期の誤差が小さくとも時間経過や組み合わせによって大きな影響が現れ、どんな未来が訪れるかは誰にも判らない」と言う事を意味するようになっています^^


浅田真央 選手において、1年半のブランク後のスケート再開の初戦の最初のジャンプ「トリプルアクセル」が“成功”で始まったことが、大きな運命の分かれ目であったかのように感じてしまいます。
是非、世界にトルネードを起こして欲しいものですっ

そして、私たちも、自分はちっぽけだなんて思わないで、どんなに小さな一歩でも良いから
蝶々の羽ばたきをしてみることだと思いました。


mobic はひそかに勉強していた「メディカルハーブ検定」の合格証書を10月3日にいただきました♪゜・*:.。. .。.:*・♪

☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

関連記事
浅田真央 バタフライ効果 蝶 / CM : 16 / TB : 0

プロフィール

mobic(モービック)

Author:mobic(モービック)
寝てる時、食べてる時が一番幸せな、コアラ的人間です。
病気、健康、体や心の悩み,エコや社会問題などなど、感じたことを書き綴っていきたいと思います。
多くの方々と意見を交流し、お話できれば嬉しいです。

置き手紙

おきてがみ

ようこそ♪

ブログを分析 ポチっと♪

blogramで人気ブログを分析

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード