昨今、最も怒りを覚える事とは?

2015-11-29:Sun ◇ エコ・食・環境

最近、更新もままならない状況となっておりますのに、
それでも毎日のように拙いブログへ訪問いただき
ありがとうございますっ
この場を借りて、お礼申し上げます


『花燃ゆ』もいよいよ大詰めとなってまいりましたが、今回は mobic が最近一番怒った事を書きたいと思います。

虫も草も生きとし生けるものを赦す心境の mobic さんはいったい何に怒るんだ?」 とお思いかもしれませんが。。。
        ↓
*過去記事デス*
敵と味方、害虫(獣)と益虫、見方次第で正反対にも変わる!
http://mobic530.blog61.fc2.com/blog-entry-431.html


だからこそ、自然を汚すものに対しては人一倍怒りと嫌悪感を感じます!
このままでは私たちを生かし、住まわせてくれている大地や地球が限界となってしまうと
もうずいぶん前から叫ばれているのに、
何故、人間は酷いことをやめないのだろう??

ポルシェにも不正ソフト=VW、新たに8.5万台認める―米当局
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151121-00000026-jij-n_ame
        ↓
ドイツのフォルクスワーゲン(以下、VWと略す)社が排ガス規制で排気ガスを垂れ流しているにも関わらず
クリーンエネルギーであると言って車を売っていた事!
しかも、当局の検査がある時のみ、機械を操作して、基準値をクリアにしており、
世界中の国や人をだましていたばかりでなく、
地球を汚し、汚染しても尚、自社の利益のみを追い続けた事!
究極のエゴイスト。

奇しくも、今年前半期、VWは最後の最期で、トヨタを抜いて、販売台数 世界一 に輝いたばかりでした。
そんな不正をしてまで、一位になって何の意味があるんでしょう??

今やクリーンエネルギーの代名詞となった“ハイブリッド車ー プリウス”。
これを開発したトヨタはあえて、特許を取らなかった。
だから、ライバルの日本車は次々とハイブリッド車を開発することができた。
そして、今や、アメ車やドイツ車などの外車までもがハイブリッド車を作って
日本へ逆輸入して来ているのです。

それは、トヨタの社長をはじめ、会社が地球環境のことを考えていたから。
技術を独り占めせず、他社へも分け与え、地球環境を守るっ!

歴史有り、伝統有り、ドイツを代表する会社であるフォルクスワーゲンVW)社。
いったいどうしてしまったんでしょう(;>_<;)
排気ガスなどの環境汚染抑止技術は日本がトップでも、
安全性(自動ブレーキ)他は、外車の方が随分と以前から進んでた ようで、
VW社は安全装備を堂々と売れば良かったのではないかと思うのです。。。

残念。。。

例えば、日本では『東芝』が決算報告を粉飾したということで非難轟々で
       ↓
東芝粉飾決済問題で株主たちが猛反発! 『サザエさん』から提供クレジットが消える日
http://news.livedoor.com/article/detail/10464918/

株主の厳しい非難によって、社員の大量リストラ、あの国民的アニメ 「さざえさん」のスポンサーを外される!?
などの制裁を受けていますが、
mobic はそこまで悪い企業とは思えないのです。
なぜなら、東芝の技術は誇れるものだと思うし、自然や地球を傷つけていないから!
(原子力発電には三菱などと共に絡んでいるかもしれないけど、政府がハッキリ資料を公開してないのでココではあげません)
利益や売上があるように見せたいが為に、翌年の見込み売りを決算に前倒ししたことは、“見栄”なのでしょうが、
それを改めれば良いコト。
地球が痛めつけられた訳ではなく、人間の見栄とエゴの結果。

だから、「東芝」をそこまで悪徳企業とは、ぜ~んぜん、思いませんっ



しかし、環境を汚染する事に対しては憎悪を覚えます、それは人間の権利だとばかりに!
それはVW社ばかりではありませんっ

中国の砂漠で行われた核実験による放射能は未だに拡散しているし、
企業の垂れ流す汚染物質と混ざって、日本や世界各地へ飛散している訳で。
最近、PM2.5とか騒がれていますが、実際は情報を公開しない中国内部では
何万人(?)もの人間が死んでいる、とも言われていますね・・

マクドナルドなどの大企業が、アマゾンなどの原生林を毎日、東京ドーム何個分か伐採している
という話も有名ですが、一度失われた緑は、元に戻すまで何十年もかかるし、
同じものは二度と取り戻すことは出来ないとも言われていますよね・・

それなのに、何故、人は自然に対する仕打ちをやめないのだろう??




そして、毎日見かける身近な悲しい風景。
それは、田んぼや畑が次々と売られて更地になり、
そして、そこにアパートや家が建って行く風景。。


山口県は 農業従事者の平均年齢が70歳を越え、 全国でも高齢の農業県!!
TPP成立で、日本の農業も大手の資本農業へと変貌し、個人の小さな農家は見捨てられて続けることは難しい状況のようで・・・
       
そんな農業事情の似た、同じ中国地方の鳥取県で、耕作放棄地の草(主にセイタカアワダチソウ)を刈って
カナダの方がアートを作成。
        ↓
11221583_419560141501825_4140792090549238979_n.jpg

12274386_512830038880450_1442534503882366544_n_20151128183807880.jpg
一場春夢』 :短い春の夜の夢のように、はかなく消えてしまう様を表した言葉だそうです。

安倍さんは大規模資本に農地を売り渡す法律を成立させようとしているのだから、小規模の個人経営者は農地を売るか
放棄するしか致し方ないというわけで。
決して農家の方が捨てたくて捨てた農地ではなく・・

日本はそれでなくても、“自給率” が低いのに、毎日毎日、通勤の傍ら、新たに農地が更地にされて捨てられて、
消えて行くのを目にするにつけ、こんな事をして良いものなのか? と寂しくなるのです。

地球環境が悪くなって、諸外国からの生産された食べ物が入って来なくなった時、
消えてしまった農地や林は二度と戻って来ないということを金持ちの議員さんたちは分からないんでしょうね





☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

関連記事
フォルクスワーゲン VW 東芝 環境 自然 一場春夢 / CM : 24 / TB : 0

故郷に生きる毎日の幸せ

2015-11-07:Sat ◇ 癒し

[故郷] ブログ村キーワード

*写真は全部クリックで拡大します
       ↓
DCIM2067.jpg

先日、叔父の一周忌の法要で、市内の『月鳴亭 たかはし』 へ行って来ました♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
写真のように、目の前には 佐波川 が流れており、写真の対岸には
一番上の叔父や mobic の父の兄弟の家があるという、まさに、一族の故郷。

この日は佐波川は大変穏やかなお顔。
まるで湖であるかのごとく、山々や空を水面に映して、叔父の法要を和やかにさせてくれました。

『月鳴亭 たかはし』は、鮎はもちろん スッポン料理で有名で
私たちも特別な日、に寄らせていただくというお店ですが、
久しぶりのお料理、とっても美味しかったです

*柿の葉の赤が見事な前菜はふぐの寿司・山桃のゼリー・いちじくと山芋のコンポート など地元のもので散りばめられています*
       ↓
DCIM2069.jpg

*ご飯のお供として出て来るお吸い物ですが、スッポンのお吸い物は主役で登場!
“月鳴亭”の名前にピッタリのお月様のお椀は、裏に月の絵。 夜、川面に映る月見は美しいですよ*
       ↓
DCIM2070.jpg

スッポンは上の佐波川に生息していて、今は養殖もしていると思いますが、
父や叔父は小さい頃は、天然うなぎやスッポンの罠を仕掛けては捕獲していたとのこと。

*イメージ図 写真はお借りしています*
       ↓
20070621suppon.jpg

この後のお刺身も絶品で、品数が食べきれなく、皆が巻き寿司はお持ち帰りしました(^_^;)

食べログのページをリンクしますね
       ↓
月鳴亭 多かはし
http://tabelog.com/yamaguchi/A3501/A350102/35001230/

ご馳走と一族のおしゃべりでお腹いっぱいになって、帰ろうとする時、
玄関に料理を作って下さったご主人が!
挨拶をして通ろうとした時、「○○君とは同級生で一緒に高校へ通ったんですよ。」と声をかけてくださいました。

叔父と同い年とは思えない、若々しいご主人でしたが、一緒にヤンチャしていた(?)かもしれない姿を思い浮かべて
ちょっと笑ってしまいました^^
(お料理は叔父という竹馬の友へのサービスだったのでしょうね、素材も素晴らしく、丁寧で真心がこもっていました

そう言えば、この日集った一族は、全てこの辺りで生まれ育ったものばかり。
だから、ずっと会ってなくても(頻繁に会っているのだが)、話もわかるし自然と弾むから、和気あいあい。
昔から、親戚の集まりがイヤと思ったことはなく、楽しいひととき。

子供の頃に、ただ夢中で遊んだ従兄弟たちも今はそれぞれの社会で離れて生きているけど。。
でも、“血縁”って特別というか、実際、父の妹と母の弟(一周忌の叔父)が結婚しているので
従兄弟との血は濃い訳で、兄妹のような感覚なのだろうか??
これって幸せなんだよね??


実を言うと、9月は叔母の88歳のお祝い、10月は叔父の90歳のお祝い、そして、11月、今月
上から5番目の叔父の他界、の、一周忌法要、と、同じような顔ぶれが毎度顔を合わせていた mobic 一族でした(^_^;)


自然は人を育み、無条件で癒してくれますね。
歪んだ心、イライラ、キレル、持って行き場の無いドス黒いものも
自然の中に浸ることで、人もまた、自然に戻って行けるもの。
大切な財産、失くすことのなきように!



☆クリックしていただくと励みになります☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ
にほんブログ村

関連記事
月鳴亭たかはし スッポン 自然 / CM : 6 / TB : 0

プロフィール

mobic(モービック)

Author:mobic(モービック)
寝てる時、食べてる時が一番幸せな、コアラ的人間です。
病気、健康、体や心の悩み,エコや社会問題などなど、感じたことを書き綴っていきたいと思います。
多くの方々と意見を交流し、お話できれば嬉しいです。

置き手紙

おきてがみ

ようこそ♪

ブログを分析 ポチっと♪

blogramで人気ブログを分析

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード